バンダナはどうやってコーデに使えばいいの?

お洒落アイテムとしてここ数年人気が高まっているバンダナ、皆さんの周囲にも身につけている
人は居るのではないでしょうか。
でも、いざ身につけるとなるとどうやって使えば良いのか悩みますよね。
そこで今回はバンダナをコーデにおいてどう使うのか、紹介していきます。

バンダナは頭に巻いたり、首に巻くことでワンポイントアイテムとして活用しやすいアイテム。

その際の巻き方としては
・髪の毛をほぼ覆うスタイル
・額部分でまとめて髪の毛だけ出すスタイル
・首に巻くスタイル
・ヘアリボンのように扱うスタイル

などといった方法が挙げられます。
こうした使い分けですが、基本的には好みで選んでしまって問題無し。
個性が出しやすいのもバンダナの特徴なんです。

ちなみにこれらの巻き方をする場合は一度三角系の形に折って行うと綺麗に仕上がります。
仕上がりに皺が出来ると当然見映えにも影響するので気をつけてください。

ファッションスタイルに組み込む際は
相性の良いストリート系、ヒップホップ系コーデに合わせるのがオススメ。
バンダナの陽気さ、ファンキーなテイストがコーデを一段階軽くしてくれます。

バンダナは人の目を向けるという点でも効果を得られるアイテム、
カラーにもよりますが、地味に映ることはないはずです。

衣類の毛玉の取り方を紹介します。

特に冬に発生しやすいとされる、衣類に毛玉やゴミが付着する現象。
頻繁に起こりやすいこの現象に、悩んだことのある方も多いのではないでしょうか。
でも実は、こうした毛玉やゴミは意外と簡単に取れるんです。
そこで今回は衣類の毛玉の取り方についていくつかの方法を紹介していきます。

・目が細かいブラシで衣類の毛玉を取る方法

毛玉対策としてまず挙げられるのが一般的方法でもあるブラシがけ。
細かいブラシを使うことにより付着した毛玉やゴミを取ることが出来ます。
しかし、この際気をつけたいのがこすりすぎること。
こすりすぎると、厚手のものならともかく、薄手のものならば劣化や色素が薄くなる原因を生み出してしまいます。
ブラシがけをする際は優しく撫でるように行い、出来るだけ少ない回数で毛玉を取るようにしましょう。
・カミソリで衣類の毛玉を取る方法

こちらは近年、一般層で話題になっているカミソリを使った方法。
やり方としてはカミソリで体毛を剃るように、毛玉がついている部位を撫でるだけ。
そうすることにより、毛玉やその他のゴミを実感できるレベルで取ることが可能になる、という訳なんです。

この方法では毛玉を取った部分が購入前のアイテムのように綺麗になるのでそれが
ヤミツキになる方も多いです。

しかしこの方法はわずかながら衣類を削っている行為なので表面上は良くても、知覚出来ない部分で劣化しています。
行う場合は自己責任で、またカミソリの刃によるケガにも気をつけてください。
上記の事柄のように毛玉取りはやり方によっては衣類に傷を付けてしまうことも十分考えられます。
そのため毛玉がつかないように
洗濯ネットに入れて洗濯するなど、毛玉予防をすることも大事と言えるでしょう。

色が濃い衣類の扱い方を紹介します。

衣類の色が濃すぎてコーデに合わせづらい、そう考えた事はありませんか。
実はこの問題は、組み合わせ方の意識を変えるだけで簡単に解決するんです。
今回はこうした濃い色の衣類の扱い方について紹介します。

色が濃い衣類は基本的にインナーとして扱うのがベストです。
そのカラーリングの良さを活かしてあえて”チラ見せ”するスタイルを構築しましょう。

もちろん、どうしてもアウターとして着なければならないアイテムもあると思います。
その場合には、色の薄いものと合わせるのではなく
カラーリングの幅が感じられるようなもの、所謂明度ではなく色相が感じられるアイテムと合わせることが
望ましいです。

例として挙げるならば、濃い赤色のアイテムを扱う場合は、オレンジ、黄色のアイテムを組み合わせ、
グラデーションとしてのカラーリングを作るのがベター、となります。

一見、濃い色合いの衣類でも色の薄いものと組み合わせればバランスが取れやすそうに感じられますが、
ある一色が強いとその色だけが浮いてしまう危険性も十分あります。
そのため濃い薄いでまとめるのではなく、色の変化でコーデをまとめるべきなんです。

ただ、色数を多くしすぎるとまとまりが出来ていてもごちゃごちゃした印象になりやすいので
出来る限り、色数を抑えて3~4色程度でコーデするのがポイントです。

高校生の年代に似合いやすいアウターを紹介します。

高校生の年代に似合いやすいアウターとはどのようなアイテムなのでしょうか。
それぞれ紹介していきます。
高校生はお洒落をしたい年頃、そのため野暮ったさのないアウターを選ぶことがまず重要です。
この際、コーデが多少スタイリッシュ気味になっても若さによる活発的なイメージで調和できるので、
安心して好みのアイテムを選べることがこの年代の特徴と言えます。
その為野暮ったさやだらし無さがなければ、ジャンパーからコートまで、ある程度自由にコーデに
取り入れても問題ありません。

その中でも活発的なスタイルにするならばスタジャン、ダウンジャケットがオススメです。
もし、落ち着いた方向性するならばボタンダウンシャツなどが良いでしょう。
基本的にアクティブなスタイルにはくだけた要素を持つものを、クール系スタイルならば
清潔さやスリムさを持つアウターを合わせるのが一般的です。

逆に、このケースで避けたいものとしてはチェックシャツ系の地味なものや
革ジャンなどの渋すぎるものが挙げられます。
高校生の年代では若さを全面的に出した方が、スタイルが決まりやすいですし、
違和感も生まれにくくなります。
そのためこれらのアイテムはコーデで合わせづらいかもしれません。